製品情報>網代合板>編み模様別

戻る

網代・網代天井の種類

籠目網代(四ツ目網代)の材料

・・・写真をクリックすると拡大写真詳細が表示されます

籠目 かごめ・カゴメ とは

籠目文様
参考:籠目文様

籠目文様(六つ目文様)

籠目文様とは竹で六角形に組まれた籠の編み目を図案化したもの。六つ目(ムツメ)文様、六つ目編みともいいます。

籠目網代(四つ目網代)

網代の「籠目」は上記の籠目文様(六つ目文様)とは異なり、材料を縦横に、間隔をあけて格子のように並べていきます。 四角い隙間のようすから四つ目編み、四つ目網代とも呼ばれています。
網代の中で唯一下地を見せる編み方です。

隙間から見える下地には一般的に杉が使われますが、表面の材種と同じにしたり 色を違えてアクセントを付けたりと、取り合わせを考えて選ぶこともできます。
不燃認定品のノンネン網代では下地は紙となります。

<<親子矢羽根

石畳 >>