製品情報>網代合板>編み模様別

椹へぎ板籠目網代 (さわらへぎいた かごめあじろ)

椹へぎ板籠目網代
※画像は、ヨコ約270mm×タテ約270mmの範囲を撮影し、縮小したものです。

椹へぎ板籠目網代とは

椹のへぎ板を材料に使用し、籠目模様に編んだ網代、網代天井です。
主な用途は内装用建材で、天井や建具、壁面などに使用されます。

椹材を薄く細い板状にへぎ(割り)、手作業で籠目模様に編みます。小さい木片を組み合せた物ではなく、長い材料を編み込んでいきます。
椹材を編んだそのままではなく、基材(合板、ベニヤ板)に接着した板状の商品です。

縦横に編まれた籠の編み目を網代で表したもので、網代の中で唯一下地を見せる編み方。

隙間から見える下地には、椹の籠目網代の場合には伝統的に神代が使われてきました。
現在はお客様からの指定がない場合は下地に杉を使用しています。同系色でまとめたい場合は杉でよいと思います。その他の樹種に変えることもできます。

隙間から見える下地に杉を使用した場合と神代を使用した場合、それぞれの写真を下に掲載しています。

〈材料〉椹について

〈編み模様〉籠目について

椹へぎ板籠目網代の仕様

品番 製品名

J2214 椹へぎ板籠目網代さわらへぎいたかごめあじろ

認定 F☆☆☆☆(ホルムアルデヒド発散等級)

材料 椹へぎ板さわらへぎいた

編み模様 籠目かごめ

下地の材料 神代(下に写真あり)、杉(下に写真あり)、その他

材料厚
(材料1本の厚み)
1~1.5mm前後

材料巾
(材料1本の巾)
約45mm
※その他の巾も承ります(特注対応)

寸法例 ご希望の大きさで作製致します。
例:3尺×6尺(900×1800mm)
3尺×9尺(900×2700mm)
3尺×12尺(900×3600mm)
4尺×8尺(1200×2400mm)

価格 材料厚、寸法、数量などで異なります。詳しくはお問い合わせください。

椹へぎ板籠目網代の写真

椹へぎ板籠目網代の商品全体画像です。
ご希望の寸法で作製致しますので、ここに掲載されている寸法は一例となります。

椹へぎ板籠目網代の全体画像

椹へぎ板籠目網代の全体画像2

写真の商品の寸法(mm)
巾800×高1600
※その他の大きさも承ります。
写真の商品に使用している下地
杉(標準仕様)

表面の格子部分には椹のへぎ板、格子の隙間から見える下地部分には杉を使用。椹と杉では樹種が違いますが暖色の同系色なので下地部分がそれほど主張しない仕上がりです。

網代の左上が欠けていますが、天井に取り付けた時に柱がくる部分なので、初めからそのように切り取った形で作っています。


椹へぎ板籠目網代の全体画像2

椹へぎ板籠目網代の全体画像2

写真の商品の寸法(mm)
巾3尺×高6尺(約910×1820)
※その他の大きさも承ります。
写真の商品に使用している下地
神代(特注仕様)

表面の格子部分には椹のへぎ板、格子の隙間から見える下地部分には神代を使用。黄色と黒の組合せです。

下地に黒色の神代を使用すると格子状の編み模様がはっきりと現れ、アクセントの効いた仕上がりになります。