製品情報>網代合板>材料別

戻る

網代・網代天井の種類

複数種類の材料を使った網代 編み模様

・・・写真をクリックすると拡大写真詳細が表示されます

異なる材種の組合せ

網代にいろどりと、組み合わせの楽しさをプラスしました。
「杉の網代」や「桐の網代」というように、一つの材種を使用して一枚の網代を編むことが多いですが、二種類以上の材種を組み合せて編むこともできます。 複数種類を一つの網代に編み込むことで、それぞれの色味や材質の違いが引き立ち、いろどり豊かな網代になります。
「三色亀甲 杉・桐・神代」が知られています。

※天然の素材が持つ色味をそのままいかした商品です。その時々の材料によって、色の違いが生じます。
※一部に染色材料を使用しています。水に濡れたりこすったりする事で商品の色が落ちてしまうことはありませんが、布などで強くこすると布のほうにわずかに色移りすることがあります。
※掲載以外の組合せや編み模様も承ります。

<< 桧

好み染(染色品)>>