製品情報>網代合板>編み模様別

―黒い網代―
 神代亀甲網代 (じんだい きっこうあじろ)

神代亀甲網代
※画像は、ヨコ約270mm×タテ約270mmの範囲を撮影し、縮小したものです。

神代亀甲網代とは

神代亀甲網代とは、神代色にく染色した杉の突板を材料に使用し、亀甲模様に編んだ網代、網代天井です。
主な用途は内装用建材で、天井や壁面、建具などに使用されます。

黒く染色した杉材を薄く細い板状に切り、手作業で亀甲模様に編みます。小さい木片を組み合せた物ではなく、長い材料を編み込んでいきます。
材料を編んだそのままではなく、基材(合板、ベニヤ板)に接着した板状の商品です。

黒い網代」として好評の商品です。

正六角形の連続文様「亀甲文様」を網代で表したもので、網代の中で最も手間のかかる編み方です。

※神代杉とは火山灰に埋もれ、長い年月を経て掘り出された杉のこと。茶色~黒色に変化した独特の渋い色調が好まれます。

〈材料〉神代について

〈編み模様〉亀甲について

神代亀甲網代の仕様

材料の厚みは2種類で制作可能です。薄い材料は使用用途によっては適しておりませんので、詳しくは 材料厚ごとの特徴と適する用途をご確認ください。

品番 材料厚 製品名

J1311D 中厚 中厚 神代亀甲網代ちゅうあつじんだいきっこうあじろ

J1311C 薄 神代亀甲網代うすじんだいきっこうあじろ

認定 F☆☆☆☆(ホルムアルデヒド発散等級)

材料 神代突板じんだいつきいた

編み模様 亀甲きっこう

材料厚
(材料1本の厚み)
中厚・・・約0.5mm
 薄・・・約0.2mm

材料巾
(材料1本の巾)
約40mm
※その他の巾も承ります(特注対応)

寸法例 ご希望の大きさで作製致します。
例:3尺×6尺(900×1800mm)
3尺×9尺(900×2700mm)
3尺×12尺(900×3600mm)
4尺×8尺(1200×2400mm)

価格 材料厚、寸法、数量などで異なります。詳しくはお問い合わせください。

神代亀甲網代の写真

神代亀甲網代の商品全体画像です。
ご希望の寸法で作製致しますので、ここに掲載されている寸法は一例となります。

神代亀甲網代の全体画像

黒い亀甲網代

写真の商品の寸法(mm)
巾3尺×高6尺(約900×1800)
※その他の大きさも承ります。

「黒い網代」といっても、黒一色ではなく木目があります。また、光が当たると銀色っぽく輝いて見えるので、 光の当たり方によって灰色っぽい部分と黒っぽい部分の濃淡が生まれます。
独特の雰囲気をもつ網代です。