製品情報>網代合板>編み模様別

戻る

網代・網代天井の種類

市松網代の材料

・・・写真をクリックすると拡大写真詳細が表示されます

※「画像なし」―網代の制作はできますが、現在掲載できる画像がありません。

市松 いちまつ・イチマツ とは

市松模様
市松文様

市松文様/市松模様

市松文様とは、2種類の色の正方形を互い違いに並べた文様のこと。江戸中期の人気歌舞伎役者・佐野川市松がこの文様の袴を衣装に用いて流行し、 以来「市松」と呼ばれるようになりました。それ以前は、敷瓦、石畳、小型のものを霰(あられ)などと呼んでいたようです。

市松網代

市松編みは網代の代表的な編み模様の一つ。文様の市松は正方形のみが並んだものですが、網代では長方形と正方形の組み合わせで表されます。
取り付けたとき、部屋と平行・直角に整然と模様が続くき、静かな印象を与えます。

<<矢羽根

斜市松>>