製品情報>不燃網代天井>不燃網代とは

ノンネン網代(不燃網代天井)のページは背景色が黄色です。
※リンク先は不燃網代天井のページとは限らないため、背景色で区別して下さい。

不燃網代・不燃網代天井の「ノンネン網代」について解説したページです。

ノンネン網代とは
 国土交通大臣認定の不燃材料(防火材料)

不燃網代天井の写真画像
杉で編んだ不燃網代天井
編み模様は斜市松

網代商会の不燃網代・不燃網代天井「ノンネン網代」は、不燃材料として国土交通大臣からの認定を受けた防火材料です。 防火材料の中で最も燃えにくい等級にあたる「不燃材料」の認定を取得しています。

網代合板(網代天井)を不燃化したものです。不燃内装用建材として、内装制限の適用される空間で網代を使うことが出来ます。

・・・防火材料とは・・・

建築基準法における防火材料とは、建築材料のうち通常の火災による火熱が加えられた際に「燃焼しないこと」等の 【建築基準法施行令第108条の2】で定める要件を満たし、かつ国土交通大臣が定めた材料または認定した材料のこと。

【建築基準法施行令第108条の2】
第1号 燃焼しないものであること
第2号 防火上有害な変形、溶融、き損その他損傷を生じないものであること
第3号 避難上有害な煙又はガスを発生しないものであること

・・・不燃材料とは・・・

防火材料は「不燃材料」「準不燃材料」「難燃材料」の三つに区分され、不燃性能が高い(燃えにくい)順に、不燃・準不燃・難燃となっています。

三つの区分は【建築基準法施行令第108条の2】で定めるの要件をどれだけの時間満たすかによって定められており、下記のとおりです。

加熱開始後20分間要件を満たす(20分間燃えない)物が「不燃材料」
加熱開始後10分間要件を満たす(10分間燃えない)物が「準不燃材料」
加熱開始後 5分間要件を満たす( 5分間燃えない)物が「難燃材料」

内装制限の対象となる建築物では、定められた部位に定められた性能以上の防火材料を使用する事が義務付けられています。 例えば○○の天井には準不燃以上の性能を有す建築材料を使わないといけない、などです。
制限の内容は建築物の用途と規模に応じて定められています。

国土交通大臣認定の不燃材料(防火材料)
 ノンネン網代の特徴

国土交通大臣認定の不燃材料!

防火材料の中で最も不燃性能の高い「不燃材料」として認定を受けています。
内装制限のかかる建物で網代、網代天井を使用できます。

網代専門メーカーの本格不燃網代!

職人の手編みによる本格網代を不燃化しました。

網代を専門に製造している弊社ならではの豊富な編み模様
当ウェブサイトに掲載している規格商品以外にも、細かな希望に沿った不燃網代を制作致します。

・・・さまざまな希望に対応可能・・・

1.樹種の変更。(杉ではなく椹で作って欲しい。)
2.材料巾の変更。(もっと幅広の材料で作って欲しい。)
3.編み模様の角度の変更。(矢羽根の角度をもっと鋭角にして欲しい。)
4.大口のロット合わせ。

材料厚は従来の2倍の約0.5ミリ!

従来の不燃網代は材料の厚みが0.2ミリと非常に薄く、網代の良さである木の質感や編み込みのボリュームに欠ける点がありました。

弊社では不燃材料という性能はそのままに、材料の厚みを2倍にする事の成功。「燃えにくい=不燃としての性能」 「ボリューム=網代としての品質」を両立させ、納得のいく商品を作りました。

・・・従来品0.2では下記のような問題が指摘されていました・・・

1.網代表面がひらひらと波打ったような仕上がりになる。
2.下地が透けて見える。
3.ボリュームに欠け、編み込みの特徴や網代の良さが分かりにくい。
4.最も薄い材料なので最も破けやすい。

※材料厚とは表面編み込み部分の材料一本一本の厚みの事

国土交通大臣認定の不燃材料(防火材料)
 ノンネン網代の使用用途

内装用建築材料として手や物が触れない箇所(天井など)に使用することを想定して作られています。

内装制限が適用される空間で、天井材(網代天井)としてやその他の箇所に使用可能です。
また防火材料使用の決まりが無い建物にも、万一の時に備えて不燃の網代天井を使いたいというケースが増えています。

天井-不燃網代天井

施工写真:和風店舗に網代天井
網代天井:杉柾の矢羽根網代

網代の最も代表的な使用部位は天井です。居室や玄関など一つの空間の天井全面に使用したり、出窓や床の間部分の天井に使用します。

内装制限が適用される空間の天井材には防火材料を使う必要があり、不燃・難燃・準不燃のうち定められた性能以上の物を使わなくてはなりません。

網代商会の不燃網代天井「ノンネン網代」は防火材料の中でも最も燃えにくい「不燃材料」の認定を受けているので、定められた等級を気にすることなく内装制限のかかる全ての建物で網代天井を使うことが出来ます。

壁面、建具

施工写真:建具に黒部へぎ板の矢羽根網代
建具:黒部へぎ板の矢羽根網代

網代の使用部位で天井に次いで多いのが壁面や建具です。こうした手や物が触れる箇所に網代を取り付ける場合には、簡単に破けてしまわないように厚く丈夫な材料で作った網代を使う必要があります。

不燃網代「ノンネン網代」の材料厚は壁面材や建具材として使うには薄く、弊社としてはお薦めしておりません。そのため不燃材料ではなくても採用可能な場合には、 網代合板から適したものをお選び下さい。

不燃認定の取れている網代を手や物が触れる箇所へ使う必要がある場合には、お使いになる方の判断での採用をお願い致します。
網代の前面にガラスやアクリル板を設置する方法もあります。

・・・壁面や建具に適した網代とは・・・

壁面材や建具材として網代を使用する場合には、手や物が触れた時に簡単に破けてしまわないように厚く丈夫な材料で作った網代を選ぶ必要があります。

適した材料は、杉皮へぎ板と、突板の厚み四種類(特厚・本厚・中厚・薄)のうち「特厚」と「本厚」です。
これは不燃加工を施していない弊社のスタンダードな網代「網代合板」で採用している材料となります。 (→材料厚ごとの特徴と適する用途を見る。※網代合板の商品詳細ページを別窓で開きます。)

不燃網代「ノンネン網代」には突板の「中厚」と「薄」を使用しています。

ご不明な点がございましたら遠慮なお問い合わせください。

不燃網代の種類>>