製品情報>不燃網代天井>不燃網代とは>不燃材料とは

ノンネン網代(不燃網代天井)のページは背景色が黄色です。
※リンク先は不燃網代天井のページとは限らないため、背景色で区別して下さい。

不燃網代・不燃網代天井の「ノンネン網代」について解説したページです。

不燃材料とは

建築基準法における不燃材料とは、建築材料のうち、火災時の火熱によって「燃焼しないこと」等、 下記3つの要件を20分満たし、国土交通大臣が定めたもの又は国土交通大臣の認定を受けたものをいいます。

第1号 燃焼しないものであること
第2号 防火上有害な変形、溶融、き損その他の損傷を生じないものであること
第3号 避難上有害な煙又はガスを発生しないものであること

【建築基準法施行令第108条の2】より

※「満たしていれば不燃材料である」という事ではなく、満たした上で国土交通大臣の認定を受けたもの(又は国土交通大臣が定めたもの)いいます。

不燃性能とは

上記の3つの要件を不燃性能といいます。
(建築材料のうち、火災時の火熱によって「燃焼しないこと」等【建築基準法施行令第108条の2】で定める性能。)

不燃材料、準不燃材料、難燃材料とは

不燃性能を有する建築材料は、それをどれだけの時間満たすかによって三つに区分され、 不燃性能が高い(燃えにくい)順に、不燃材料準不燃材料難燃材料となっています。

加熱開始後、不燃性能を、

1)20分間満たし、国土交通大臣の認定を受けたもの(又は国土交通大臣が定めたもの)が不燃材料
2)10分間満たし、国土交通大臣の認定を受けたもの(又は国土交通大臣が定めたもの)が準不燃材料
3)5分間満たし、国土交通大臣の認定を受けたもの(又は国土交通大臣が定めたもの)が難燃材料

簡単に言うと、

加熱開始後20分間「燃えない」物が不燃材料
加熱開始後10分間「燃えない」物が準不燃材料
加熱開始後 5分間「燃えない」物が難燃材料

防火材料とは

不燃材料、準不燃材料、難燃材料の3つの総称として防火材料という言葉を使うことがあります。防火材料は通称であり、 建築基準法等には出てこない言葉です。

<<不燃網代とは

不燃網代の種類>>