製品情報>自然ボードとは

和風内装建材「自然ボード」について解説したページです。

和風内装建材、自然ボード

天津葭萩入ベニヤを天井に使用
「天津葭萩入ベニヤ」を天井に使用

自然ボードとは、建築内装材として「天然ボード」「葭ボード」「プランツボード」とも呼ばれている物で、 葭や萩などの自然素材を材料に使い、ベニヤ板(普通合板)の表面にすだれや網代を編んだ物です。

内装に使用することを想定して作られており、和風・和のイメージで使われることが多いです。

自然ボードの特徴

天津葭ベニヤ白糸
すだれ:天津葭ベニヤ

茶葭網代
網代:茶葭網代

天然素材を手作業で編んだものです。

自然の風合いを大切に素材の持ち味を生かして仕上げたものが多く、素朴で温かみのある見た目です。

見た目で分けると、網代に編んだものと、すだれに編んだ物があります。

自然ボードと網代合板

木材を材料に使った網代合板に対し、草を材料に使っていて素朴な見た目のものが多い。

製品の表面が網代合板より固いものが多く、建具や壁面等の手や物が触れる箇所で使いやすい。

網代合板
素材・・・木材(杉、黒部、椹など)
素材の加工・・・突板(スライス)、へぎ板(薄く裂く)
様々な要望(オーダーメイド)・・・対応可能な場合が多い(弊社で一から制作)

自然ボード
素材・・・草(葭、萩など)
素材の加工・・・丸のまま又は割る
様々な要望(オーダーメイド)・・・対応不可能な場合が多い(輸入品が多い、仕上げは国内)

自然ボードの使用場所、用途

一般住宅や、宿泊、商業施設などの内装に使用されます。使用部位には、天井や壁面、建具の全体や一部分が挙げられます。 軒天井や、家具などに使用されることもあります。

伝統的な日本建築や和室や茶室にはもちろんのこと、南国風やリゾート風にも採用されます。

和室(和風)の天井

極細葭網代を天井に使用
天井:極細葭網代

自然ボードの最も代表的な使用部位は天井です。

壁面、建具

茶葭網代を建具に使用
建具-起立式水屋:茶葭網代

壁面や建具に使用します。全面に使用したり、腰の高さより下の部分のみに「腰壁」として使用します。

丸蒲芯ベニヤ糸通しを壁面に使用
壁面-玄関ニッチ:丸蒲芯ベニヤ糸通し

自然ボードの種類>>