製品情報>網代合板>編み模様別

戻る

椹へぎ板矢羽根網代 (さわらへぎいた やばねあじろ)

椹へぎ板矢羽根網代
※画像は、ヨコ約270mm×タテ約270mmの範囲を撮影し、縮小したものです。

椹へぎ板矢羽根網代とは

椹へぎ板矢羽根網代とは、椹のへぎ板を材料に使用し、矢羽根模様に編んだ網代、網代天井です。
主な用途は内装用建材で、天井や建具、壁面などに使用されます。

椹材を薄く細い板状にへぎ(割り)、手作業で矢羽根模様に編みます。小さい木片を組み合せた物ではなく、長い材料を編み込んでいきます。
椹材を編んだそのままではなく、基材(合板、ベニヤ板)に接着した板状の商品です。

伝統的な連続文様「矢羽根文様」を網代で表したもの。網代の中で最も代表的かつ人気のある編み模様で、 一般住宅や宿泊施設、店舗などに幅広く使用されています。

〈材料〉椹について

〈編み模様〉矢羽根について

椹へぎ板矢羽根網代の仕様

品番 製品名

J2216 椹へぎ板矢羽根網代さわらへぎいたやばねあじろ

認定 F☆☆☆☆(ホルムアルデヒド発散等級)

材料 椹へぎ板さわらへぎいた

編み模様 矢羽根やばね

材料厚
(材料1本の厚み)
1~1.5mm前後

材料巾
(材料1本の巾)
約45mm
※その他の巾も承ります(特注対応)

寸法例 ご希望の大きさで作製致します。
例:3尺×6尺(900×1800mm)
3尺×9尺(900×2700mm)
3尺×12尺(900×3600mm)
4尺×8尺(1200×2400mm)

価格 材料厚、寸法、数量などで異なります。詳しくはお問い合わせください。

椹へぎ板矢羽根網代の写真

椹へぎ板矢羽根網代の商品全体画像です。
ご希望の寸法で作製致しますので、ここに掲載されている寸法は一例となります。

椹へぎ板矢羽根網代の全体画像1

椹へぎ板矢羽根網代の全体画像2

写真の商品の寸法(mm)
巾3尺×高6尺(約910×1820)
※その他の大きさも承ります。