製品情報>網代合板>製品詳細2

網代を選ぶ際の基準や仕様注意事項等、前もってお知らせしておきたい事を記したページです。

1、材料・・・材料の種類と厚み

2、仕様・・・構造や寸法

2、網代合板の仕様・・・構造や寸法

品質
[ホルムアデヒド発散等級]F☆☆☆☆
構造
網代の構造
表面
木を薄く加工したものを手編みしております。
下地
ベニヤ板(普通合板)。
その他の下地材を希望される場合はご相談ください。
※下地材に不燃や難燃の認定品を使用しても網代合板全体で不燃材料認定品という事にはなりません。 不燃材料認定品の網代はノンネン網代(不燃網代)をご覧ください。
裏桟
付いておりません。ご希望により裏桟付きも承ります。
端の処理
商品の端は、廻縁や竿縁等の見切り材で隠すことを想定した作りとなっております。 商品の端4辺をテープで巻いて処理しており、ご注文の寸法の内側に各辺10mm程テープがかかります。
目透し網代天井は、長辺を竿縁で押さえる必要のない加工を施してあり、短辺のみテープを巻いております。)
寸法
下地であるベニヤの規格寸法のほか、ご希望の寸法で作成致します。
代表的なベニヤの規格寸法 3尺×6尺(900×1800mm)、3尺×9尺(900×2700mm)
3尺×12尺(900×3600mm)、4尺×8尺(1200×2400mm)、その他
ご希望の寸法例 6畳間一面に/9尺×9尺(2700×2700mm)※下記「大面積」参照
廊下に一枚で/3尺×13尺(900×3900mm)、出窓に/400×2700mm

→寸法についてさらに詳しく
ご注文頂いた寸法通りに作成致しますが、ベニヤの規格寸法の都合で少々大きめにさせて頂く場合もございます。 又、手作業の為若干誤差が生じます。ご了承ください。
大面積
そのままでは運搬・取付が困難な大きなものでも作成致します。この方法だと、 網代と網代の継ぎ目部分に竿縁を使用する必要がありません。一枚で作成後、分割して納品。 現場取付後に分割部分を編みつなぐことで、分割前のような一枚ものの状態に戻します。
→大面積の網代天井についてさらに詳しく
施工
現場取付は致しておりません。
大面積の網代を分割して納品した際の、現場取付後の、分割部分の編みつなぎ出張は承っております。(あらかじめ1枚ものにて作成する必要があります)
塗装
個別に記載のあるものを除き無塗装です。
掲載以外の商品
掲載以外でも、ご希望の樹種、編み模様、材料巾等、お気軽にご相談ください。
材料の交わる角度の変更等、細かい調整も承っております。
お問い合わせ
お問い合わせの際は、想定している使用場所や使用方法、広さ、その他の御希望を、できるだけ具体的にお知らせください。 自然の素材を使った手作りの商品ですので、詳しくお伺いし、ご希望やご使用内容にあった回答を致したいと思っております。

※天然の材料を使用している為、木目や色合いは商品ごとに異なります。当ウェブサイトやカタログ掲載の写真、及びサンプルはその一例となりますので、ご了承ください。

<<製品詳細1(材料の種類と厚み)