製品情報>自然ボードとは>種類>割蒲芯ベニヤ

戻る

割蒲芯ベニヤ (わりがましんべにや)

蒲芯ベニヤ
※画像は、ヨコ約300mm×タテ約300mmの範囲を撮影し、縮小したものです。

割蒲芯ベニヤとは

割蒲芯ベニヤとは、蒲芯を材料に使用しすだれ状に編んだ、天井その他内装材です。蒲芯ベニヤ半割とも呼ばれています。

蒲はガマ科ガマ属の植物で、蒲芯は茎の部分。太く真っ直ぐな素材です。サツマ葭とも呼ばれます。

蒲芯を半分に割り、ナイロン糸ですだれ状に編んでベニヤに接着していています。編み糸はナイロン糸(透明糸)なので目立ちません。

全体の色味はベージュっぽく、素材の黒っぽい部分や小さな穴(針の太さ程の穴)も入ります。

割蒲芯ベニヤの仕様

品番 製品名

JB2112 割蒲芯ベニヤわりがましんべにや

素材 蒲芯がましん (別名 サツマ葭さつまよし)の 半割はんわり

編み形状 すだれ編み(ナイロン糸編み)

使用用途 天井・建具・壁面 など

寸法例 3尺×6尺(910×1820mm)
3尺1寸5分×6尺3寸(955×1910mm)
3尺3寸×6尺6寸(1000×2000mm)

価格 寸法、数量などで異なります。詳しくはお問い合わせください。

※素材特有または製造過程での、傷や汚れ、穴、割れが含まれる製品です。
※欠品する場合があります。ご注文時に制作可能か御確認ください。

割蒲芯ベニヤの写真

サツマ葭ベニヤ
撮影範囲:約450mm×450mm