製品情報>網代合板>材料別

戻る

杉柾白斜市松網代 (すぎまさしろ はすいちまつあじろ)

杉柾白斜市松網代
※画像は、ヨコ約270mm×タテ約270mmの範囲を撮影し、縮小したものです。

杉柾白斜市松網代とは

杉(白)の突板を材料に使用し、 斜市松模様に編んだ網代、網代天井です。
主な用途は内装用建材で、天井や壁面、建具などに使用されます。

「白い網代」として好評の商品です。

斜市松は、下地のベニヤ板に対して斜めに市松編みをしたもの。下地に対し平行・直角に材料が並ぶ市松編みに比べ、動きのある表情になります。

〈材料〉杉(白)について

〈編み模様〉斜市松について

杉柾白斜市松網代の仕様

材料の厚みは1種類のみで制作可能です。薄い材料は使用用途によっては適しておりませんので、詳しくは 材料厚ごとの特徴と適する用途をご確認ください。

品番 材料厚 製品名

J1218C 薄 杉柾白斜市松網代うすすぎまさしろはすいちまつあじろ

認定 F☆☆☆☆(ホルムアルデヒド発散等級)

材料 杉柾白突板すぎまさしろつきいた

編み模様 斜市松はすいちまつ

材料厚
(材料1本の厚み)
薄・・・約0.2mm

材料巾
(材料1本の巾)
約40mm
※その他の巾も承ります(特注対応)

寸法例 ご希望の大きさで作製致します。
例:3尺×6尺(900×1800mm)
3尺×9尺(900×2700mm)
3尺×12尺(900×3600mm)
4尺×8尺(1200×2400mm)

価格 材料厚、寸法、数量などで異なります。詳しくはお問い合わせください。