製品情報>自然ボードとは>種類>焼竹網代

戻る

焼竹網代 (やきたけあじろ)

焼竹網代
※画像は、ヨコ約300mm×タテ約300mmの範囲を撮影し、縮小したものです。

焼竹網代とは

焼竹網代とは、竹を材料に使用し矢羽根模様に編み、いぶして茶色くした網代天井および内装材です。

竹の身(中身)を薄く割って網代に編みます。

全体的な色味はくすんだ茶色で、素材の黒い部分も入ります。一枚の網代の中に濃淡があります。ツヤは無く落ち着いた見た目です。

焼竹網代の仕様

品番 製品名

JB1211 焼竹網代やきたけあじろ

素材 たけ

編み形状 網代編みあじろあみ矢羽根やばね模様)

使用用途 天井・建具・壁面 など

寸法例 3尺×6尺(910×1820mm)
3尺1寸5分×6尺3寸(955×1910mm)

価格 寸法、数量などで異なります。詳しくはお問い合わせください。

※素材特有または製造過程での、傷や汚れ、割れ、かすれが含まれる製品です。
※欠品する場合があります。ご注文時に御確認ください。

焼竹網代の写真

焼竹網代3尺×6尺の全体画像2
撮影範囲:約450mm×450mm