製品情報>自然ボードとは>種類>茶葭網代

戻る

茶葭網代 (ちゃよしあじろ)

茶葭網代
※画像は、ヨコ約300mm×タテ約300mmの範囲を撮影し、縮小したものです。

茶葭網代とは

茶葭網代とは、茶葭を材料に使用し矢羽根模様に編んだ網代天井および内装材です。茶網代とも呼ばれています。

割った葭を数本合わせて一枚の材料とし、網代に編みます。

全体的な色味は茶~赤っぽい茶~こげ茶で、素材の黒い部分や色の薄い部分も所々に入ります。

硬くツヤのある素材です。網代表面が堅くしっかりとしているので手や物が触れる箇所への使用(建具や家具、壁面)にもお勧めです。

茶葭網代の仕様

品番 製品名

JB1111 茶葭網代ちゃよしあじろ

素材 茶葭ちゃよし

編み形状 網代編みあじろあみ矢羽根やばね模様)

使用用途 天井・建具・壁面 など

寸法例 3尺×6尺(910×1820mm)
3尺1寸5分×6尺3寸(955×1910mm)
3尺3寸×6尺6寸(1000×2000mm)

価格 寸法、数量などで異なります。詳しくはお問い合わせください。

※素材特有または製造過程での、傷や汚れ、割れ等が含まれる製品です。
※欠品する場合があります。ご注文時に制作可能か御確認ください。

茶葭網代の写真

茶網代
撮影範囲:約450mm×450mm