製品情報>網代合板>編み模様別

戻る

黒部へぎ板亀甲網代 (くろべへぎいた きっこうあじろ)

黒部亀甲網代
※画像は、ヨコ約270mm×タテ約270mmの範囲を撮影し、縮小したものです。

黒部へぎ板亀甲網代とは

黒部へぎ板亀甲網代とは、黒部のへぎ板を材料に使用し、亀甲模様に編んだ網代、網代天井です。

黒部とは、ネズコともいわれるヒノキ科の針葉樹。色は灰がかった茶や暗い赤茶などで、渋く落ち着いた色調と美しい木目が好まれ古くから茶室などで使用されてきました。

〈材料〉黒部について

〈編み模様〉亀甲について

黒部へぎ板亀甲網代の仕様

品番製品名
J2111黒部へぎ板亀甲網代くろべへぎいたきっこうあじろ
材料 黒部へぎ板くろべへぎいた
編み模様 亀甲きっこう
材料厚
(材料1本の厚み)
1~1.5mm前後
材料巾
(材料1本の巾)
約45mm
※その他の巾でも承ります
寸法 ご希望の大きさで作製致します。
例:3尺×6尺(900×1800mm)
3尺×12尺(900×3600mm)
4尺×8尺(1200×2400mm)
価格 寸法、数量などで異なります。詳しくはお問い合わせください。

黒部へぎ板亀甲網代の写真

黒部へぎ板亀甲網代の全体画像