製品情報>網代合板>編み模様別

戻る

杉柾矢羽根網代 (すぎまさ やばねあじろ)

杉柾矢羽根網代
※画像は、ヨコ約270mm×タテ約270mmの範囲を撮影し、縮小したものです。

杉柾矢羽根網代とは

杉柾矢羽根網代とは、杉の突板を材料に使用し、矢羽根模様に編んだ網代、網代天井です。

杉材の真っすぐではっきりとした木目が、直線状に連なる矢羽根模様を描き、力強くもすっきりとした印象を与えます。

網代のなかで最も代表的なもので人気があり、一般住宅や宿泊施設、店舗などに幅広く使用されています。

〈材料〉杉について

〈編み模様〉矢羽根について

杉柾矢羽根網代の仕様

材料の厚みは4種類で制作可能です。薄い材料は使用用途によっては適しておりませんので、詳しくは 材料厚ごとの特徴と適する用途をご確認ください。

品番材料厚製品名
J1116S特厚特厚 杉柾矢羽根網代とくあつすぎまさやばねあじろ
J1116H本厚本厚 杉柾矢羽根網代ほんあつすぎまさやばねあじろ
J1116D中厚中厚 杉柾矢羽根網代ちゅうあつすぎまさやばねあじろ
J1116C 薄 薄 杉柾矢羽根網代うすすぎまさやばねあじろ
材料 杉柾突板すぎまさつきいた
編み模様 矢羽根やばね
材料厚
(材料1本の厚み)
特厚・・・約 1mm
本厚・・・約0.8mm
中厚・・・約0.5mm
 薄・・・約0.2mm
材料巾
(材料1本の巾)
約40mm
※その他の巾でも承ります
寸法 ご希望の大きさで作製致します。
例:3尺×6尺(900×1800mm)
3尺×12尺(900×3600mm)
4尺×8尺(1200×2400mm)
価格 材料厚、寸法、数量などで異なります。詳しくはお問い合わせください。

杉柾矢羽根網代の写真

杉柾矢羽根網代の商品全体画像です。
ご希望の寸法で作製致しますので、ここに掲載されている寸法は一例となります。

杉柾矢羽根網代6尺×9尺の全体画像1 杉柾矢羽根網代6尺×9尺の全体画像2

写真の商品の寸法(mm)
巾9尺×高5尺5寸(約2730×1650)
※その他の大きさも承ります。

9尺×6尺の大きさは、分割して9尺×3尺を2枚や3尺×6尺を3枚で注文頂く事も多いですが、1枚で作れる大きさです。
複数枚を並べて取付ける場合は網代と網代の境目を見切材で隠さなくてはなりませんが、写真のような1枚を そのまま取り付けると、見切材を使用する必要がないのですっきりとした仕上がりになります。

下の写真の網代約3枚分の大きさです。

この写真の矢羽根編みの「編み方向」は、“矢羽根模様”が横方向に長く続く「ヨコ目」です。


杉柾矢羽根網代3尺×6尺の全体画像1

写真の商品の寸法(mm)
巾3尺×高6尺(約910×1820)
※その他の大きさも承ります。

材料に杉柾を使った矢羽根編み。網代というとこれを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

この写真の矢羽根編みの「編み方向」は、“矢羽根模様”が縦方向に長く続く「タテ目」です。

ご注文時に編み方向の指定がない場合は弊社のお任せとなります。(基本的にはこちらの「タテ目」となりますが、大きさによっては弊社の制作し易い方向となります)


杉柾矢羽根網代6尺×9尺の全体画像1 杉柾矢羽根網代6尺×9尺の全体画像2

写真の商品の寸法(mm)
巾6尺×高3尺(約1820×910)
※その他の大きさも承ります。

小巾の材料を使用した杉柾矢羽根網代です。 小巾とは材料の巾が通常の1寸3分(約40mm)より狭いものを指し、この写真の材料巾は8分(約24mm)です。

小巾の網代は、出窓など狭い面積や建具など視線が近い箇所での使用に向いています。

この写真の矢羽根編みの「編み方向」は、“矢羽根模様”が横方向に長く続く「ヨコ目」です。


杉柾小巾矢羽根網代3尺×6尺の全体画像1

写真の商品の寸法(mm)
巾3尺×高6尺(約910×1820)
※その他の大きさも承ります。

小巾の材料を使用した杉柾矢羽根網代です。小巾とは材料の巾が通常の1寸3分(約40mm)より狭いものを指し、この写真の材料巾は1寸(約30mm)です。

通常巾の4cmと小巾の3cmは少しの差に思えますが、通常巾の上の写真と比べると、材料巾が少し狭くなるだけで随分と細かい編み模様になります。