製品情報>網代合板>編み模様別

戻る

網代・網代天井の種類

亀甲網代の材料

・・・写真をクリックすると拡大写真詳細が表示されます

亀甲 きっこう・キッコウ とは

亀甲文様
亀甲文様

亀甲文様/亀甲模様

亀甲文様とは正六角形を配した連続文様のことで、亀の甲に形が似ているところからこの呼び名が付けられています。 鶴と並んで長寿を表す吉祥文様(※)として知られており、古くから日本人に愛されています。

 ※吉祥(きっしょう)文様とは
「吉祥」とは目出度いこと、幸せなことの意味で、吉祥文様とは人生の節目などのおめでたい日に、それを祝う意味で使われる文様です。 またこの吉祥文様を用いることで、さらなる幸福が訪れるという二重の意味を持ちます。 現在でも慶事に使われる吉祥文様としては鶴亀や松竹梅などが挙げられます。

亀甲網代

亀甲編みは網代の中で最も手間のかかる編み方。光の当たる角度によってキラキラと輝いて見え、 とらえ方によって立方体が並んでいるようにも、連続した花模様のようにも思える複雑な編み模様です。 (→亀甲網代を別窓で見る)
天井に使用されるほか、編み模様の美しさを活かし建具(扉)や壁面に使用されることも多くあります。

親子石畳>>