製品情報>網代合板>材料別

戻る

網代・網代天井の種類

の網代 編み模様

・・・写真をクリックすると拡大写真詳細が表示されます

※「その他」―網代の制作はできますが、現在掲載できる画像がありません。

さわら・サワラ とは

サワラとはヒノキ科ヒノキ属の針葉樹のこと。色はレモン色のような明るい黄色~オレンジがかった黄色で、木目は杉ほどハッキリとは目立ちません。水や酸に強い性質を持つため風呂や桶の材料として 適していて、社寺建築の屋根の葺き方の一つである「柿板(こけら)葺き」に使われる樹種でもあります。ご家庭にある寿司桶も椹が使われていると思います。 木曽五木の一つです。

網代に使用する椹は、椹材加工の形態の違いにより 「椹突板」と「椹へぎ板」の2つがあります。「突板」の文字は省略されることが多く、 当ウェブサイトでも突板の場合は(カッコ書き)か、省略をしています。

・・・ 木曽五木とは ・・・
江戸時代に尾張藩によって、森林保護のために、伐採が禁止された5つの樹木のこと。ヒノキ・サワラ・アスナロ(ヒバ)・コウヤマキ・ネズコ(黒部)を指します。

<< 黒部

桐 >>