製品情報>網代合板>材料別

戻る

網代・網代天井の種類

黒部の網代 編み模様

・・・写真をクリックすると拡大写真詳細が表示されます

黒部(黒檜) くろべ・クロベ とは

黒部とは、ネズコとも言われるヒノキ科ネズコ属の針葉樹のこと。 色は灰色がかった茶色や暗い赤茶など濃い目の茶色で、その渋く落ち着いた色調と美しい木目が好まれ、古くからお茶室などで使用されてきました。
黒部杉(くろべすぎ)も呼ばれますがスギ科ではありません。ハッキリとした木目や材質の感じが杉に似ている事からそう呼ばれていると思われます。

黒部を手作業で割ってつくるへぎ板は、表面の木目沿って うかぶ凹凸に特有のツヤが美しく輝きます。 産地は富山県黒部地方や長野県木曽地方のものが知られていて、木曽五木の一つです。

網代に使用される代表的な材種の一つです。

・・・ 木曽五木とは ・・・
江戸時代に尾張藩によって、森林保護のために、伐採が禁止された5つの樹木のこと。ヒノキ・サワラ・アスナロ(ヒバ)・コウヤマキ・ネズコ(黒部)を指します。

<<竹の皮

椹 >>